海でも海に行かなくてもできる、多様な研究者とつくる体験型海洋学習教材LAB to CLASS
海を楽しく学ぶ場を日本中に増やしたい

〈LAB to CLASS〉は、海洋自然科学の研究者や環境教育の専門家が、分野・地域を超えて集まり、内陸部を含む全国の小中学生に「海洋環境と自分たちの(生活の)つながり」を体験的に学んでもらいたいとの思いの元に発足したプロジェクトです。プロジェクトでは教材の開発と、インターネットを通した普及を行い、子どもたちの海洋環境保全意識を高めることを目的とした活動を続けています。

LAB to CLASS組織図イメージ

2分でわかる!LAB to CLASS

LAB to CLASS教材を活用したイベント【海を学ぼうスクールIN相模大野】の様子を、テレビ神奈川・カナガワニ海でご紹介いただきました。

Approach

LAB to CLASS
教材サイトの運営

学校の教員や社会教育の指導者のみなさまが、海に関する学習活動を行うときに役立つ“情報”や“教材”を、多様な切り口で紹介しています。そのまま印刷して使える教材、指導者用資料が無料でダウンロードできるほか、実施方法の解説映像、参考資料や映像などがWEBサイトで閲覧できます。地域や対象年齢に合わせてアレンジして使用することも可能です。

2016年度・2017年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)の 助成金の交付を受けて制作しました。
*注:著作権については「利用規約」https://lab2c.net/termsをご確認ください。

LAB to CLASS
教材の普及事業/イベント

LAB to CLASS教材を活用した小学生&教育関係者向けのワークショップ『海を学ぼうスクール』などのイベントを行ないます。『海を学ぼうスクール』は、子どもたちは「海の生きもの」をテーマに、教育関係者は「探究学習・アクティブラーニング」をキーワードに、「海と自分のつながり」に気づくことを目指す室内体験型のワークショップです。

『海を学ぼうスクール』は、2019年度《海と日本PROJECT》の一環で実施しました。

LAB to CLASSリーダー養成

教材を効果的に活用できる指導者の養成事業を行なっています。
LAB to CLASSの教材は、多様なインタープリテーション技法を組み込み、効果的に伝えられるように工夫をしています。隠された工夫の紹介、教材のアレンジ方など、WEBサイトでは伝えられない指導技術を学べる講座です。講座を受講者は『LAB to CLASSリーダー』として登録させていただきます。

次回のLAB to CLASSリーダー養成講座は、新型コロナウイルス感染状況を見て開催を決定します。

Member

LAB to CLASSプロジェクトには、bridgeスタッフの他にも全国各地で活躍するたくさんのメンバー・協力者がいます。主なメンバー・協力者をご紹介します。(順不同)   

LAB to CLASSプロジェクトとは(外部サイト) >>

古瀬 浩史(ふるせ こうじ)
日本インタープリテーション協会代表理事/
帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授

1980年代から、自然公園施設に「インタープリター」として勤務。その経験を活かして、インタープリテーション計画、インタープリターの人材育成、それらに関係した地域振興などを行ってきました。現在は大学でインタープリテーションを教えています。海の自然をテーマにした環境教育も関心の一つです。
大堀 健司(おおほり けんじ)
エコツアーふくみみ主宰/
海の環境教育NPO bridge 正会員

琉球大学理学部海洋学科にて地質学を専攻し、同大学院卒業後、東京の建設コンサルタントに就職するが、1999年長男の誕生を機に、自分の人生と家族の生活を考え直し脱サラ。エコツーリズムと環境教育の世界へ飛び込んだのでした。好きなものはオートバイとカメラ。嫌いなものはクッキーとスポーツ。
友永 たろ(ともなが たろ)
水生生物イラストレーター


大分県生まれ、東京都在住。1985年よりフリー。「ガイア理論」にハマって以来、生物と地球好きに・・・。生きものの特徴を押さえつつ、かわいくキレイに描くのが主なお仕事。好きなものは、棘皮動物とサンゴと水生古生物と。趣味は陶芸とトレイルラン。
大浦 佳代(おおうら かよ)
フリーランスライター/海と漁の体験研究所代表/
海の環境教育NPO bridge正会員

おもに漁業・農業のジャンルで執筆しています(著書『漁師になるには』ほか)。海好きが高じてダイビングインストラクターに。やがて自然体験だけでなく、生業体験にも魅了され、各地の漁業体験を見て歩くことをライフワークにしています。好きな物:時代小説、発酵食品。
山田 格(やまだ ただす)
動物学者/国立科学博物館名誉研究員


生物としての人類の歴史を理解するには解剖学が不可欠と痛感し、解剖学を選びました。水中で生じた脊椎動物が陸上に展開した進化の歴史に魅了され…、ようやく陸上に適応したのに海に戻っていった「へそまがり」、海の哺乳類の体を理解しようとしてきました。70歳を過ぎた今も謎に苦しめられています。
大堀 則子(おおほり のりこ)
エコツアーふくみみ/わくわくサンゴ石垣島代表/
海の環境教育NPO bridge 正会員

琉球大学理学部海洋学科にて海洋生物を専攻。卒業後はサンシャイン国際水族館で飼育員として勤務。結婚、出産を機に自然に暮らしたいなと石垣島へ移住、夫婦でエコツアーと環境教育の仕事をしています。好きなものは海産無脊椎動物で、特にナマコとタコノマクラ。
安田 純(やすだ じゅん)
アクアマリンいなわしろカワセミ水族館 館長


現在は磐梯山の麓にある淡水生物の水族館にいます。bridgeとの出会いは東日本大震災の翌年、前任地『アクアマリンふくしま』で開催された海辺の環境教育フォーラムでした。水族館が子どもたちが自然に出る「入口」になれればと思います。好きな生き物:金魚、水草など草花、マングローブ、ねこ。
久保 頼三郎(くぼ らいざぶろう)
グラフィックデザイナー/Ryan LLC


グラフィックデザインを中心にイラスト、映像音楽作品の制作など多様なジャンルで活動しています。LAB to CLASSでは「海と自分のつながり」をデザインの視点でより明確に伝えることに重点を置き、「自然と社会の共生」にまで広げた“より豊かな循環”を考える訴求効果を目指しています。
野澤 健夫(のざわ たけお)/鯛損(たいそん)
フィッシングメッセンジャーR/
HOOKかんきょう『協育』事務所主宰

海なしの山梨県生まれ。小さい頃から魚釣り、とくに海釣りが大好きで、釣具量販店に就職、店長に。ある時、釣り場のゴミの多さに危機感を覚えて退職。2003年独立、釣り場から魚たちの声を集めて、環境教育プログラムを発信し続けています。釣った魚のお料理は、仲間たちから大好評。
浪崎 直子(なみざき なおこ)
環境教育コーディネーター(フリーランス)/
海の環境教育NPO bridge 正会員

琉球大学大学院でサンゴ礁生態学を学ぶ。海の環境を守る仕事がしたいと思い、卒業後は海の環境NPO法人OWS、国立環境研究所、東京大学で海の教育の仕事をしてきました。現在は5歳と3歳の子どもを育てつつ、熊本と沖縄で活動をしています。好きなものはサンゴ。趣味は島めぐりとスノーケリング。
渡辺 未知(わたなべ みち)/しおだまりん
海中絵本作家

水族館でのイルカとのふれあいプログラム担当や、スノーケリングガイド・海辺のインタープリター(自然体験の案内)を経て、海中絵本作家に挑戦中。しおだまりが好きすぎて名付けたペンネームは”しおだまりん”。子どもが海の生きものと出会う絵本「まほうのうみめがね」を上梓。
小川 結希(おがわ ゆき)
インタープリター
(自然教育研究センター/日本IP協会フェロー)

野山や川で遊び惚けていた子ども時代。その自然への思いからインタープリターに。今も、海より野山や都市部での活動が多いですが、海も野山も繋がっている!自然への思いはどこでも共通!の思いで、このプロジェクトも大切にしています。趣味:子育て、養蚕と真綿作り、自然の中をいっぱい歩く。
さとう ゆみ
アナウンサー・執筆/マナマカニ代表/
NPO法人サラマンドフの会理事

動物好きが高じて自然環境や生態系に関心を持つようになりました。伊豆諸島・御蔵島の野生イルカとの出会いで人生が変わりました。鯨類や象、昆虫に至るまで生き物は何でも大好き。最近は野鳥観察にはまっています。好きなものは動物とビールと海と空。著書『風のしま』『アフリカゾウに会いに行こう』
茂木 みかほ(もてき みかほ)
海あそびナビゲーター


アクアマリンふくしま他3つの水族館勤務、ダイビング雑誌の編集を経て、現在はフリーランスに。神奈川県の逗子・葉山の海をフィールドとした子どもたちの放課後活動の講師、自由大学「さかな学」のキュレーターとして活動中。水族館などで、魚に変身する「ギョスプレ」イベントなども主宰しています。

Field

千葉県盤洲干潟
東京・神奈川から1時間ほど!カニや小魚、鳥など、多くの生きものの息吹を感じられる東京湾最大の干潟です
沖縄県石垣島
サンゴ礁の美しい海は、地球温暖化・海洋漂着ごみ問題など、地球規模の海洋環境保全活動の最前線です。
東京都御蔵島
100頭を超える野生イルカと、幹回り5m以上の巨樹が茂る森。伊豆諸島の中央に位置する自然豊かな島です